大学生の今だから思う小学生の時にやっていてよかった4つのこと

生活

f:id:kurashikihiiro:20190218121719j:plain

大学生の今だから思う小学生の時にやっていてよかった4つのこと

皆さんこんにちは緋色です.僕が生まれたから幼稚園,小学校,中学校,大学といつの間にか20年以上がたちました.そんな今だからこそ思う小さいころにやっていたよかったことについて紹介します.

今回紹介するのは小学生の時にやっていてよかったことです.

今小学生の子供のいる方や,これから小学生になるお子さんのいるお父さんお母さんの参考になれば幸いです.

本当に仲の良い友達を作る

何といってもこれが一番ですね.僕が小学校を卒業してからもう8年になりますが今でも連絡を取り合ったり,一緒に遊んだりする友達がいます.

僕の通っていた小学校の卒業生はほとんどが同じ中学校に進むのですが,クラスが違います.なので新しい友達を作らなければいけないんですが,同じクラスのメンバーとすぐ仲良くなって打ち解けるというのはなかなか難しいです.

僕も中学のクラスメイトと仲良くなるまでには1か月ほどかかりました

この1か月を長いと思うか短いと思うかは人それぞれですが,僕はとても長いと思います!

その理由は簡単で中学生になっての最初の1か月間,つまり4月にはいろいろと決めなければいけないことがあるからです.

例えば委員会や部活動などです.

委員会は好きなところに入ればいいのでまぁ大丈夫かもしれません.

でも部活はだめです!中学生の3年間が楽しかったかつまらなかったかを左右するのは部活と言っても過言ではありません!!(と僕は思ってます).

多分どの中学校でも部活動には見学期間や体験期間と呼ばれる期間があると思います.自分の入りたい部活動はその期間中に決めることになると思いますが,部活の見学に行ったり体験に行くのは少し勇気がいります.

中学校に入ったばかりの時に知らない人しかいない場に行くというのは怖いと感じることがあります.

そんな時に小学生の時にできた友達と一緒に行けばいいのです!

僕の時は部活見学は一人だけできている人はあまりいませんでした.ほとんどの人が友達と一緒に来ていたのです.

もし周りの人たちは仲良く話しているのに自分だけ一人でいたら疎外感を感じてしまうでしょう.そうならないために誰かと一緒に行くのをおすすめします.

仲の良い友達と行きたい部活が違うこともあるでしょう.でも大丈夫です.部活動見学期間は3日間はあると思うので,1日目は友達の行きたい部活を2日目は自分の行きたい部活をそれぞれ行けばいいのです.

もし転校してきたばかりや友達が誰もいない中学校へ進学した場合は,とにかくクラスメイトに「一緒に〇〇部の見学に行かない?」と声をかけてみましょう.そうすることで一緒に行ける可能性もありますし,もし行けなくても話すきっかけになります.

入る部活動を決めたら今度は部活の同期に話しかけてみましょう.それで新しい友達を増やすことが出来ます.

 習い事

僕が小学生の頃にやっていた習い事でこれはやっていてよかったというものを紹介します.

そろばん

f:id:kurashikihiiro:20190218120129j:plain

そろばんとは

(漢字表記:算盤十露盤など)とは計算補助用具の一種で、串(細い棒)で刺した珠(たま)を移動させ、その位置でを表現し、計算の助けとするもの。『ウィキペディアWikipedia)』より引用

僕は小学4年生の頃にそろばんを始めました.そろばんをしていたことのより,暗算ができるようになったり,計算速度が速くなりました.また,数に対して「慣れる」ことが出来ました.

中学,高校,大学(文系はわかりません)では様々な計算をします.そんな時に数に慣れておくことはとても重要です!

僕が大学生になった今では小さいころにそろばんをできたのはとても幸運だったと思っています.

野球

f:id:kurashikihiiro:20190218121644j:plain

僕は小学生に時に地域の少年野球チームに所属していました.毎週の休日に練習や試合,たまに大会がありました.

僕はたまたま野球でしたが,サッカーでもバスケットボールでも何でもいいです.

さいころに体をよく動かしてチームワークを学んだり,上手になるためにどうすればいいのかを考えたりすることが重要です.

外で遊ぶ

今の子供は室内で遊ぶとよく話題になっていますよね.子供は内より外で遊ぶべきだと思います.中学高校となってくる外で遊ぶことはどんどん減っていきます.なので,小学生の時は少しでも多く野外で遊ぶべきだと思います.

僕が小学生の時は放課後になると一回家に帰って荷物を置いてから学校の校庭に行っていました.そこでサッカーや缶蹴り,鬼ごっこなどをして遊びました.たまにオリジナルの遊びを考えたりしましたね.

ちょっとした冒険

これはほんとにちょっとしたことでいいと思います.例えば知らない道を通るとか行ったことのない場所へ行くとかです.

※安全には注意してください 

毎回毎回同じことの繰り返しではつまらないですよね.なのでたまには知らない道を通ったり,行ったことのない場所に行くなどの「新しいこと」をするのです!

小さい時から新しいことに挑戦すれば大人になった時も困難に挑むことが出来ますし,たまにいつもと違うことをすればリフレッシュしたりもできます.

なので小学生のころから新しいことに挑戦するのをおすすめします.

まとめ

この記事のまとめとして今回紹介したことで著者が特に重要だと思うのは,

小学生の時に

  • 仲の良い友達を作る
  • 外で遊ぶ
  • 新しいことに挑戦する

です.

参考になったでしょうか?

もし誰かの役に立てていれば幸いです.

コメント

タイトルとURLをコピーしました